僕がゴルフのスコアで100を切れた一番の理由

最近、ライザップがゴルフレッスンに新規参入して、2か月で100切り、結果にコミットってやってますね。お金はかかりますが、短期集中的に目標とお金をかけて取り組むのは実に理に適っていると思います。

 

世の中にはゴルフを始めて数か月で100切り出来る人もいれば、何十年も100を切れない人もいます。その違いはセンスだったり練習量だったり、経験値だったり、理論だったり、考え方だったりいろいろです。

 

僕も初めて100を切るまでに、ブランクを挟んで4~5年かかりました。いまでもたまにしか100切りは出来ませんが、練習機雷の月1ゴルファーがゴルフのスコアで100を切れた一番の理由と、そのほかのいくつかの理由を。

 まず1番の理由は、ゴルフクラブを買い替えたことです。

なんだそんなことかと思うかもしれませんが、父親のおさがりの本間ゴルフのアイアンは、明らかに上級者向きのモデルでした。

おそらく、ボールをコントロールしやすい設計だったのかもしれませんが、ミートポイントは広いとは言えず、ヘッドも小さかった。すこしミートポイントがずれるとミスにつながりトップすることも多かったのですが、思い切ってゼクシオにアイアンを買い替えました。

同年代の人たちはゼクシオは年配の人が使用するイメージみたいですが僕はミスにやさしいクラブが欲しかったので、迷わず選びました。

予想通りヘッドもミートポイントも大きくて、トップしたと思ってもそこそこ飛んでくれるし、ミスがかなり減りました。これで一気にスコアが10打縮みました。

ドライバーも友人から譲り受けたテーラーメイドのものからゼクシオ9のミヤザキモデルに。飛距離が20ヤード伸びました。

もともとそれほどティーショットが曲がるほうではなかったのですが、これまで以上に曲がらなくなったので、おもいきり触れるようになったのも大きいです。

ティーショットが20ヤードも伸びると、セカンドショットでロングアイアンを持っていたホールでも、ミドルアイアンやウェッジで打てるようになり、ミスが減りました。やっぱり道具は大事です。ゴルフでスコアを縮めるには一番大事です。

 

もしも昔、中古で買った古いクラブを使っていて、なかなか100が切れないというのであれば、新型のクラブに買い替えるだけで簡単に10打は縮められます。曲がらない、飛ぶ、ミスが減る。間違いないです。

 

僕がゴルフのスコアで100を切れた一番の理由はクラブを買い替えたことですが、それ以外の理由もあります。それはコースマネジメントをすることを覚えたことです。

それまでは残り200ヤードの場面、3番ウッドで2オンや3オンを狙っていましたが、3番ウッドは難しくて、練習嫌いの僕には本番で自信をもって打てるクラブではなかったです。もしかするとゼクシオのフェアウエーウッドなら簡単に飛ばせるかもしれないですが、アイアンもドライバーも買い替えて、さすがにウッドもというのは資金が足りませんでした。

そのため、200ヤード残った場合は7番や8番で安全にフェアウエーをキープして、50~80ヤードをウェッジで安全に攻めるようにしました。

3番ウッドの失敗で、一番怖いのはOBですね。その次はチョロですかね。大たたきの一番の原因はOBですもんね。1ラウンドで1つのOBを減らせれば、それだけで2打は縮められます。

コースマネジメントで大きな失敗を減らすだけで、2~6打はスコアは縮められます。

 

もしもなかなかスコアで100切りが出来ずに、110くらいをウロウロしているなら、道具を最新のものに変える、コースマネジメントを考える、これだけで12打くらいは縮められるので、100切れますよ。本当です。

 

最後に、100を初めて切ったとき、僕のゴルフのスコアは91でした。全然100切れなかったのに、最後、もしワンパットで決めていたら89でした。初めての100切りが90切りになるところでしたが、短いパターで3パットしてしまったほろ苦い思い出があります。100切ったので、次は90切りです。パターを練習して、近いうちに90も切りたいと思います。