ゴルフはイメージが大切

ゴルフレッスンで具体的にいろいろ説明されても、イマイチ分かりにくいのに、なんとなくイメージで伝えられたことを、なんとなくやってみたらすんなり出来てしまうことがあります。たとえばダウンブローに打ち込むために、技術うんぬんではなく、イメージで成功した例。

ダウンブローに打ち込んで、軽くターフを削り取り、グリーンでバックスピンとかかかったりしたらカッコイイですね。ある程度のコースになると、なかなかグリーンが早くて止まらないので、ダウンブローに打ち込めたほうが簡単にゴルフができますね。

 

ただ、どうしてもダフったりトップしたりするレベルでは、ダウンブローを技術で習得するのは難しそう。実際、いろいろやってみたけど、やはり練習量が必要。でも、イメージでうまくいった例が。

 

ボールを上から潰すイメージ

 

これです。どういうことかイマイチ分かりにくい人もいるかもしれませんが、ボールがクラブのロフトなりの角度で飛ぶことがゴルフには必要です。7番でも6番でも5番でも、飛距離があまり変わらない人はクラブのロフトを上手く使えていないんですね。このロフトをうまく使うために、ボールを上から潰すイメージで打つんですね。打球の音が変わりますよ。騙されたと思って、やってみましょう。

 

今までと同じ練習では上手くなれないかもしれないので、いろいろ試すことは必要ですね。自分にあった練習方法を探すのも、ゴルフの楽しみ方の一つだと思います。