キム・ハヌルのアクシデントとイボミ優しさ

困っている人がいれば助けるのが人情ですが、プロの最終戦で、集中力を保たないといけない場面で、ライバルの手助けをにこやかにやってのけるのは、よっぽどの人格者ですね。

 

 スタートホールのティーショットを右に曲げたキム・ハヌル。松葉の上に置かれたボールを打とうとした瞬間、少し動いてしまったようです。テレビで見ている限りでは気がつかないくらいの微妙な動きでしたが、ちゃんと申告して、立派ですね。最近はギャラリーのタレコミとかあるので、まあ慎重にもなりますけどね。

 

鈴木愛が失格 ギャラリー指摘で前日の罰打ミスが判明

競技委員を呼んで確認するキム・ハヌル。勉強熱心な韓国人選手ですが、まだまだ日本語は得意ではない様子。そこでイボミがとった行動が素敵でした。


2015マンシングウェアレディースゴルフ最終日、新スマイルクイーン・キムハヌル - YouTube

 

競技委員とキム・ハヌルの間で、通訳の役割を果たしたんですね。しかも嫌な顔一つせずに、にこにこといつものスマイルで。結果、ボールは大きく動いたわけではなく無罰で済んだキム・ハヌル。今日は二人共スコアは伸ばせませんでしたが、韓国人通しということでも助け合う姿は素晴らしいですね。

 

少しの間プレーが中断し、そのせいかどうか誰にもわかりませんが、イ・ボミのセカンドショットは珍しく大きくショート。スタートホールから珍しく3パットしてボギースタートでした。キム・ハヌルも申し訳ない気持ちだったでしょうね。

 

それにしても宮崎カントリークラブ、めちゃめちゃ難しそうですね!高麗グリーンってそんなに難しかったっけ??まあプロのセッティングなので特別難しいのでしょうね。

 

明日からの後半戦も楽しみです。