タメ、壁、ボールポジション、大事!!

飛距離を求めるのであれば、ボールに効率よく力を伝えないといけません。そのためには、力を貯めて、逃がさないスイング作りが重要。パワーアップより、今ある力で最大限の飛距離を求めたい。

 

そしてスイングに合わせたボールポジションを知ることが大切。ダウンブローが大切なのはわかりますが、いまのスイングでダウンブローに打てるボールポジションを知ることもアリかも。

 

これ、いいですね。

パワースタンス / Power Stance

パワースタンス / Power Stance

 

 

 この器具の性質を知れたら、普通の練習の時も役に立ちますね。買わなくても、理論を学べば、応用できそうです。

 

力を貯めて、壁を造って逃がさず、ボールに効率よく伝える。そしてボールの位置を確認し、アドレスを正しい方向に向ける、たしかに効率よく練習できますね。

 

ただ、この練習器具、広告にお金使いすぎている気がします。植村啓太さん、石井忍さん、鹿又芳典さん、関雅史さん、みなさん、かなり有名な方々がこのパワーバランスを絶賛してます。お金もらってる感がスゴイです。

 

ただ、理にかなっているので、買わなくても意識するだけで練習に意味が出ます。ゴルフの練習は玉を打つとお金がかかるので、意味のある練習が必要です。その意味でこの器具の意義はありますね。