ショートパットは真っ直ぐ打つ練習、ロングパットは距離感

ロングパット、入ると気持ちいいですね。でも、プロじゃないんだから、そんなに入らないんですよね。それが現実です。

 

でも、いくら長いロングパットでも、せめて1メートル位につけて、2パットで収めたい。

 

やっぱりゴルフの練習で、一番手軽で、一番スコアに直結するのはパターかな?パターマットさえあれば、打ちっぱなしのようにお金もかからないし、いつでもできるのがパター。

 しかもカップからホンの少し外しても、それも1打。200ヤードも1センチも同じ1打と考えたら、大事にしないとね。

 


#26 ロングパットのコツ - YouTube

 

上の動画、けっこう先生がタカにイラっとしていて笑えます。

 

スイングにしてもパターにしても、いろんな人が、いろんなことを言うので、正直どれが正しいのかわからないところがありますが。

 

それでも距離感というのは天性のものと、あとから鍛えてどうにかなるのと、2種類あると思うので、やっぱり練習したほうがいいですね。

 

ただ、自宅でロングパットの練習ってできない人が多いですよね。ゴルフ場や、打ちっぱなしのパター練習場で練習するしかないですね。